【10代のためのネット法律相談】本当のことを書いてもダメなの?

今回の質問


私はネットに「●●ちゃんがテストでカンニングしてた」と書きこみました。本当のことなんです。

そうしたら、書きこまれた人が、誰が書いたのかを調べているようです。

私は本当のことを書いただけですが、それでもダメなのでしょうか?

 

回答


「本当のことを書いた」という言い分がみとめられることはあります。

ただ、みとめられるケースはまれです。

 

「本当のことを書いた」という言い分が通るのは、書かれた内容が「社会みんなの関心ごと」でなければいけません。

友達の悪口や、プライベートな事は「社会みんなの関心ごと」ではありません。

 

また、仮に「社会みんなの関心ごと」であったとしても、そのことが本当であることはあなたが証明しょうめいしなければいけません。

そのことを証明しょうめいできるものを、あなたは持っていますか?

「ネットでウワサになっているから」とか「みんなそう言っているから」というくらいでは十分とはいえません。

 

このように、「本当のことを書いた」という言い分を通すのはかなり大変です。覚えておきましょう。

 

 

【関連記事】

【10代のためのネット法律相談】匿名とくめいで他人の悪口を書いてしまったら

【10代のためのネット法律相談】どんな内容の書きこみだと開示されるのか

【10代のためのネット法律相談】自分の書きこみについて携帯の会社から手紙が届いたときは

【10代のためのネット法律相談】誰のことかわからない悪口ならセーフ?

【10代のためのネット法律相談】あとから書きこみを消せば問題なし?

【10代のためのネット法律相談】書きこみをしたことがバレてしまったらどうなる?

渡辺 泰央

渡辺 泰央

上智大学法学部国際関係法学科、東北大学法科大学院卒業。2010年司法試験合格。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 ウェブサービス、スマートフォンアプリをはじめとするIT関連、デジタルコンテンツ関連案件の訴訟、紛争や意見書作成、契約書作成、著作権侵害性リサーチなどを得意とする。