【Googleマップのクチコミ対策】Googleマップのクチコミを消すのにかかる時間

前回の記事「Googleマップのクチコミを消すために選択できる方法」で、Googleマップのクチコミを消す方法は、大きく分けて2つ、細かく分けると4つがあることを解説しました。

この記事では、それぞれの方法で削除までにかかる時間の目安について解説します。

 

Googleマップのクチコミを消す方法をまとめると、次のようになります。

 

1 プラットフォームであるGoogle社に削除してもらう

⑴ 削除申請フォームからの削除申請(任意請求)

⑵ 日本の裁判所での裁判手続(仮処分)

 

2 投稿者に削除させる(投稿者特定を行ったうえでの削除要請)

① 日本の裁判所での裁判手続(仮処分・訴訟)

② 米国の裁判所での裁判手続(ディスカバリー制度)

 

1-⑴の方法は、申請から概ね1か月以内にはGoogle社が削除するか否かの判断を行っているようです。

 

1-⑵の方法は、Google社の登記取得、申立書等の翻訳にまず時間がかかり、また相手は米国企業のため裁判書類のやりとりにも時間がかかります。

そのため、最終的な削除完了まで3か月程度は見ておいた方が無難でしょう。

 

2-①の方法は、裁判手続を2回行う必要があり(2020年3月現在)、犯人特定まで1年程度かかることがあります。

その後に投稿者に削除を要請することになりますので、1年程度は必要なケースがほとんどです。

 

2-②の方法は、最短で1か月程度で投稿者の連絡先を取得できます。

そのため、投稿者の対応にもよりますが、1か月前後で削除まで至るケースも珍しくありません。

 


当事務所では、Googleマップのクチコミ対策(削除・開示等)に実績があります。

弁護士への法律相談(初回30分無料)はこちらから。

渡辺 泰央

渡辺 泰央

上智大学法学部国際関係法学科、東北大学法科大学院卒業。2010年司法試験合格。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 ウェブサービス、スマートフォンアプリをはじめとするIT関連、デジタルコンテンツ関連案件の訴訟、紛争や意見書作成、契約書作成、著作権侵害性リサーチなどを得意とする。