ドメイン名に著作権はあるの?

ようやく、HPの制作に着手しました。

でも、いろいろ決めなきゃいけないことが多いみたいで。

最初はそうですよね。

いまドメイン名を考えています。「●●.jp」とか、「××.com」みたいなやつ。

あ、そういえばドメイン名って著作権はどうなるんですか?

うーん。まあ短いですし、著作権が認められないことの方が多いでしょうね。

そうですか。じゃあドメイン名で法律的に悩むことはないですね。

いや、著作権的には問題がなくても、別の法律に引っかかる可能性はありますよ。

そうなんですか。

はい。例えば『不正競争防止法』が考えられます。

ふせい競争? 聞いたことないです。

まあそういう法律があるんですけど、その法律にドメイン名のことが書かれているんですよ。
簡単にいうと、不正な目的でのドメイン名の取得、使用などダメって書いています。

不正な目的・・っていうと、どんなものですか?

そうですね、例えば・・。
人が使いたいと思うドメイン名って、大体決まってますよね。自分の会社名とか、商品名とか。
でも、ドメイン名って、他の人が使っていたら使えないじゃないですか。

分かります。空きがあるかチェックしてますもん。

そうすると、これを悪用する人が出てくるわけですよ。
例えば、ライバル会社がその会社名のドメインを登録していないから、全部こっちで取っちゃえ、みたいな。

え、そんなことってあるんですか? 嫌がらせですか?

嫌がらせの場合もあるでしょうけど。
自分の取ったドメイン名って、売ることもできるんですよ。だから、先にドメイン名を取ってしまって、高額で売りつけよう、みたいなこともあり得るんです。
こういうのは、さっき言った不正の目的にあたるでしょうね。

なるほど。

ドメイン名についてもこんな感じで法律のルールがあります。
なので、考え付いたドメイン名が他人の会社名商品名とかと似ている時は、念のため注意してくださいね

【解説】

(1) ドメイン名に著作権はあるの?

ドメイン名には著作権が認められないことの方が多いでしょう。

一般的にドメイン名短い文字列ですから、作者の個性が認められないとか、「ごくありふれた表現」にすぎないと判断されるからです。

もっとも、非常に長い文字列であったり、短くても作者の強い個性が認められる場合には、著作権で保護される可能性もあるでしょう。

 

(2) 不正競争防止法の規制は、どうなっているの?

ドメイン名に関しては、不正競争防止法にルールが規定されています。

条文としては、次のように書かれています。

不正の利益を得る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章その他の商品又は役務を表示するものをいう。)と同一若しくは類似のドメイン名を使用する権利取得し、若しくは保有し、又はそのドメイン名を使用する行為(不正競争防止法2条1項12号)

このような行為が「不正競争」にあたるものとして禁止されています。

これに違反した場合には、著作権と同じように、差止損害賠償の請求がなされる可能性があります。

将来のHP運営に支障を来さないためにも、ドメイン名の取得の際には、他に似た「会社名」や「商品名」等がないか、一通り確認しておくことをお勧めします

 

弁護士への法律相談(初回30分無料)はこちらから。