自分で撮った画像であればWEBサイトに載せても大丈夫?

そういえば、自分で撮った写真もサイトにのっけてるんですよ。

自分で撮ったやつなら、載せても大丈夫ですよね。

写真の著作権は撮った人にあるので、写真の著作権を侵害することはないでしょうね。

そうですか。じゃあ気にせずサイトに載せちゃいます。

あ、でも注意しなきゃいけない場合もありますよ。

例えば、写真に人が写り込んでしまった場合とか。

人が写り込んだ場合、ですか。

街中で撮った写真に、撮偶然そこを歩いていた人が写ったときとか?

そうです。「肖像権って聞いたことあると思いますけど、その話です。

著作権からは少し離れますが、肖像権を侵害しても損害賠償などを請求される可能性があるんですよ。

でも人が写り込んじゃうことはありますよ。

観光地とか、人が多いところで撮ると、絶対入っちゃいますし。

人が写り込んだ写真を公開したからといって必ずそれが肖像権侵害になるとは限らないですけどね。人は写っているけども、誰か判別できなければ基本的に違法にはなりません。後姿とか、顔が不鮮明だったりとか。

ああ、それなら少し安心です。

逆に顔がばっちり写っていて、知っている人が見たら誰かわかるところまで写っていれば肖像権侵害になり得ますよ。

じゃあ載せたい画像に、他の人の顔がばっちり写っちゃってたらどうすればいいんですか?

その人の同意をとるほか、画像編集ソフトなどで顔を見えなくすれば大丈夫だと思います。

写真を一般公開するときは、写り込んでしまった顔にはとりあえず修正を入れるくらいに考えておいたらいいと思います。

肖像権を侵害してしまったらどうなるんですか?

逮捕とかされちゃうんですか?

盗撮とかでない限り、逮捕はないです。

権利主張されるとしたら、削除の請求とか損害賠償ですかね。

【解説】

(1) 写真には著作権がある

写真にも著作権は認められます。

そして、写真の場合は、プロのカメラマンが撮影したような芸術的なものでなく、スナップ写真のようなものでも著作権が認められる可能性があります。写真を撮る場合、全く同じ写真が撮れることは普通ありませんから、著作権を緩やかに認めたとしても実際上の不都合が少ないというのがその理由の一つになっていると思われます。

そのため、陳腐な写真だからといって他人の写真を無断複製等するのは危険な行為と考えるべきでしょう。

 

(2) 写り込んだ人の肖像権には注意

写真に著作権が認められるとしても、自分で撮った写真著作権は自分にあります。そのため、自分で撮った写真を公開しても、写真の著作権を侵害する問題は生じません。(職務著作等に該当する場合は別です)

しかしながら、写り込んだものによっては権利侵害の可能性があります。

その代表的な例として、「肖像権」の侵害があげられます。

肖像権」とは、自分の肖像(顔や姿かたちなど)に対する権利で、次のように定義されています。

個人の私生活上の自由として、みだりに自己の容貌姿態撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されないという人格的利益

肖像権は顔や姿かたちに関する権利なので、写真からそれらが確認できない場合は肖像権侵害には該当しません。

そのため、サイトに載せたい画像に他人の顔などが写り込んでしまった場合は、その部分を修正するなどの工夫で対処することができます。

なお、公共の利益などを理由として、他人の肖像を公表することが許されることもあります。典型例は報道の場合です。
しかし、その条件も相当程度厳しいものですし、トラブルの原因にもなりますので、よほどの必要性がない限り他人の肖像を載せることは控えることをお勧めします。

 

(3) 肖像権を侵害してしまったときは?

肖像権を侵害してしまった場合、差止損害賠償の請求がなされることがあります。
一方、肖像権侵害に刑事罰はないので、それだけを理由に逮捕などはされることはありません

ただし、盗撮などの迷惑行為に関しては条例違反として逮捕される可能性があります
屋外で撮影をするときは、そのような行為をしないことはもちろん、そのような行為と疑われないよう、モラルをもって撮影する必要があるでしょう。

 

弁護士への法律相談(初回30分無料)はこちらから。

渡辺 泰央

渡辺 泰央

上智大学法学部国際関係法学科、東北大学法科大学院卒業。2010年司法試験合格。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 ウェブサービス、スマートフォンアプリをはじめとするIT関連、デジタルコンテンツ関連案件の訴訟、紛争や意見書作成、契約書作成、著作権侵害性リサーチなどを得意とする。