【10代のためのネット法律相談】ネットで見つけた画像を使ってトラブルになった

今回の質問


ネットで見つけた画像がすごく気に入ったので、自分のプロフィール画像に使いました。

そしたら、その画像を作った人から、「勝手に使わないで。今すぐ消してください。」とメッセージがきました。

ネットで誰でも見れるようになっていたんだから、使ってもいいんじゃないですか。

 

回答


ネットで見られるようになっているからといって、他の人が自由に使っていいというわけではありません。

画像には「著作権ちょさくけん」というものがあります。

人の画像を勝手にプロフィール画像に使うことは、この著作権ちょさくけんという権利けんりを傷つけることになります。

 

同じようなことは他の人もやってる! と思うかもしれません。

しかし、そういう人たちも、著作権ちょさくけんを傷つけているのです。

画像を作った人にうったえられたら(裁判さいばんを起こされたら)、負けてしまうでしょう。

こういうケースで裁判さいばんになり、お金を払うことになった、ということは、実はたくさん起こっているのです。

 

今回、あなたは、画像を作った人から「消してください。」と言われているようですね。

こういうときは、すぐに消しましょう。

また、勝手に使ったことをあやまりましょう。

あなたが画像を消すことで、相手がそれ以上何も言ってこないなら、運がいい方だと思ってください。

あなたのやったことは、「お金をはらえ」と言われてもしかたがないことだからです。

 

ちなみに、「お金をはらえ」と言われてしまったら、もうあなた一人の力で何とかできることではありません。

こういうときは、信頼できる大人に相談し、また、その大人の人と一緒に、一度弁護士に相談しましょう。

渡辺 泰央

渡辺 泰央

上智大学法学部国際関係法学科、東北大学法科大学院卒業。2010年司法試験合格。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 ウェブサービス、スマートフォンアプリをはじめとするIT関連、デジタルコンテンツ関連案件の訴訟、紛争や意見書作成、契約書作成、著作権侵害性リサーチなどを得意とする。