【10代のためのネット法律相談】書きこみをしたことがバレてしまったらどうなる?

今回の質問


人の悪口を書きこんだら、バレることもあると聞きました。

もし私が書いたとバレてしまったら、その後はどうなるんでしょうか?

 

回答


あなたの書きこみによって権利けんりを傷つけられた人が、法律を使って、あなたの個人情報こじんじょうほう(名前や住所)を手に入れたら、あなたにいろいろな要求ようきゅうをしてくるでしょう。

 

例えば、

 

① 慰謝料いしゃりょう(お金)を払ってほしい

② 書きこみを消してほしい

③ あやまってほしい

④ もう口もきかないでほしい

⑤ 学校を転校してほしい

⑥ 逮捕たいほされてほしい

 

などが考えられます。

 

法律の世界では、①の「慰謝料いしゃりょう(お金)を払ってほしい」というのが、一番大きな問題です。

インターネットのトラブルで裁判さいばんになると、何十万円から何百万円ものお金を相手に払うこともあります。決して安くはありません。

高すぎる! 単なるイタズラじゃないか! と思った人も多いと思います。

しかしながら、インターネットで人の権利けんりを傷つけた責任せきにんは、とても重いのです。

この慰謝料いしゃりょう(お金)の問題は、当事者同士(本人や親同士)でしっかり話し合い、場合によっては弁護士もはさんで、解決していく必要があります。

 

⑤の「学校を転校してほしい」というものですが、法律の考え方からすれば、相手があなたに転校を命令できるわけではありません。

しかし、学校が今回の問題について、停学ていがく(学校を休ませること)や退学たいがく(学校をやめさせること)などを決めた場合には、それにしたがわなければいけなくなります。

 

⑥の「逮捕たいほされてほしい」ということについてですが、逮捕たいほするかどうかは警察けいさつが決めることです。

基本的には、当事者同士(本人や親同士)でしっかり話し合いがされていれば、警察けいさつがあえて逮捕たいほする可能性は低いといえます。

そのため、やはり相手の人としっかり話し合いましょう。

 

 

【関連記事】

【10代のためのネット法律相談】匿名とくめいで他人の悪口を書いてしまったら

【10代のためのネット法律相談】どんな内容の書きこみだと開示されるのか

【10代のためのネット法律相談】自分の書きこみについて携帯の会社から手紙が届いたときは

【10代のためのネット法律相談】誰のことかわからない悪口ならセーフ?

【10代のためのネット法律相談】本当のことを書いてもダメなの?

【10代のためのネット法律相談】あとから書きこみを消せば問題なし?

渡辺 泰央

渡辺 泰央

上智大学法学部国際関係法学科、東北大学法科大学院卒業。2010年司法試験合格。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。 ウェブサービス、スマートフォンアプリをはじめとするIT関連、デジタルコンテンツ関連案件の訴訟、紛争や意見書作成、契約書作成、著作権侵害性リサーチなどを得意とする。