【ネットショップ側】広告規制の考え方

あまり意識することはないかもしれませんが、ネットショップと”広告規制”は切っても切れない関係にあります。

そこで今回は、ネットショップにまつわる広告規制についてまとめましょう。

 

ネットショップのページは「広告」にあたる


ネットショップの各ページは、基本的に「広告」にあたります。

(その意味で、「広告」という言葉の意味とは少しズレるかもしれません)

そのため、商品紹介ページのほか、トップページランディングページ注文確定ページに至るまで、すべてのページは「広告」にあたると考えましょう。

 

気を付けたい「消費者保護法」


広告規制”を定めている法律はひとつではありませんが、消費者保護法は特に重要です。

消費者保護法BtoCの取引に適用されるもので、この法律にも”広告規制”は定められています。

次の内容について、規制があります。

・広告に嘘を書くこと
・不確定なことについて断定すること
・お客さんにとって不利益になることを故意に伏せること  など

これらに違反すると、お客さんは契約をキャンセルできることがあります。

せっかく商品が売れたのに、広告の記載が不適切なためにキャンセルされてしまうとなると、ショップ側の思わぬ損失につながります。

契約のキャンセルは直接的な損害ですから、消費者保護法の規制は特に気を付けるべきでしょう。

 

一般的なルールを定めた「特商法」と「景表法」


ネットショップで問題となる”広告規制”を定めたものに「特商法(特定商取引に関する法律)」と「景表法(不当景品類及び不当表示防止法)」があります。

これらは、広告に関する一般的なルールを定めたもので、いわゆる誇大広告を禁止しています。

嘘を載せるのは論外ですが、あまりに誇張した表現を使っていたり、偏った条件で他社商品と比較したりすることも、これらの法律に違反する可能性があります。

 

販売する商品によって”広告規制”があるもの


販売する商品によっては、特別に”広告規制”があるものもあります。

例えば、医薬品を販売するときは薬事法、株や証券など金融商品を販売するときは金融商品取引法などです。

このように、特別な”広告規制”があることがありますので、販売する商品に”広告規制”はないか、販売前に念のため確認してくのが無難でしょう。

 

”攻める”広告は一度チェックを


ネットショップにおいては、インパクトのある商品説明など、”攻める”内容を掲載することも必要な場合もあると思います。

”攻める”広告自体は禁止されるものではありませんが、やりすぎると法律違反になる可能性もありますから、少しでも広告したい表現に気になる内容があるときは、専門家にチェックしてもらうのが良いでしょう。

 


弁護士への法律相談(初回30分無料)はこちらから。

【ネットショップ側】ショップ開設にあたって、気を付けるべき法律は?
【ネットショップ側】契約はいつ成立する? 契約成立するとどうなる?
【ネットショップ側】注文をキャンセルしたいと言われたら?
【ネットショップ側】クーリングオフしたいと言われたら?