【発信者側】開示請求訴訟で請求棄却に成功しました その2

私が発信者側で担当した発信者情報開示請求訴訟で、勝訴(請求棄却)判決を得ることができましたので、お知らせいたします。

※ 前回紹介したものとは別件です。

 

請求棄却判決が得られたのは、どのような事件だった?


詳細はお伝えできませんが、前回と同様、ある企業に関する投稿が開示対象として争われた事件です。

企業には公的な要素もあるといえますので、企業に関する投稿については、やはり”正当な言論”と判断されるケースが少なくない印象です。

 

裁判にはどのような形で関わった?


前回と同様、「開示に同意しない(拒否する)」と回答するとともに、「発信者の投稿は違法ではなく、開示の対象にならない」という内容の意見書を裁判所に提出しました。

 

勝訴の決め手は?


”投稿内容が真実であること”を示す証拠が多くあったことと考えています。

名誉毀損を理由としてなされる発信者情報開示請求訴訟では、「投稿内容が真実であるかどうか」が最も重要な事項のひとつです。

もちろん証拠がなくても戦う余地は十分ありますが、証拠がある方がより効果的に反論できることは確かです。

今回裁判所に提出した証拠はメールLINEキャプチャ画像なども含まれました。このようなものでも証拠として高い価値があることが多くあります。

手持ちの証拠が価値の低いようにみられるものであっても、理論の組み立て方見る角度によっては有効な証拠になることもよくありますから、ささいな反論材料しかないと考えて諦めることは非常にもったいないことです。

不利に思える状況であっても、やはり一度は専門家に相談し検討してもらうことをお勧めします。


弁護士への法律相談(初回30分無料)はこちらから。

【関連記事】

発信者情報開示請求を拒否する場合のメリット・デメリット
発信者情報開示の照会が届いたら必ずやるべきこと
発信者情報(IP)開示請求を拒否する場合、書くべき拒否の理由とは?
口コミやレビューの投稿で発信者情報開示の請求がなされるって本当??
イニシャルや伏字になっていても発信者情報開示は認められる??
Amazonレビューの発信者情報開示について

 

【発信者側】発信者情報開示請求に係る意見照会に対する回答書書式(参考)